当社の店舗売却ポリシー

店舗ブレインロゴ

『三方良し』は大前提

毎年、様々な新しい業態の店舗の出店するのと同時に多くの店舗が閉店に追いやられています。

飲食店の出店時においては内装や什器等、高い初期投資が必要となります。
一方で契約上、閉店(解約時)には、原状回復義務(スケルトン返し)があり、儲からなくて閉店するのにもかかわらず、多額の原状回復費用が発生してしまいます。
最近では、売上はそこそこでも人手不足でやむなく閉店というケースが増えています。

そこで、閉店・撤退時に居抜(そのまま)で退去することができれば、原状回復費用が抑えられます。
さらに内装造作、什器等が売れれば閉店する人は喜ぶことになります。
一方、新規開業者にとっては居抜物件に出店することで初期費用を抑えての出店が可能になります。

また、大家さんにとっても、その事で切れ間無く賃料を得ることができるとすれば、喜んでいただけることになります。

よって、居抜・造作譲渡は、閉店する方、開業する方、大家さん、『三方良し』の手段と考え、一つでも欠ける事が無いサポートを心がけています。

この一連のサポートを当社は完全成功報酬にて行います。