居抜・造作譲渡契約における注意点

居抜き売却造作譲渡の注意点

居抜や造作譲渡契約書を作成、契約する場合は、互いに祖語がないように譲渡対象、対象外のリストを基にしっかりと買主(新テナント)売主(前テナント)に説明を行い、契約を行ないます。

また、当然、大家様(貸主)にも配慮した契約でないといけません。

注意点:

  • 譲渡対象リストにレンタル品・リース品がある場合、その取扱い、支払い方法を明確にする。
  • 造作譲渡の契約はどの時点で効力が発生することを理解する。
  • 瑕疵・故障など使用できないものは事前に開示・告知する必要があります。
  • 貸主は造作譲渡を承認するのみで譲渡内容には一切関知させない。
  • 譲渡された造作に関して売主(前テナント)買主(新テナント)は貸主に何ら請求はできないようにする。

居抜・造作譲渡契約書作成依頼はコチラ

居抜・造作譲渡のご相談はコチラ

まずは無料相談

当社は業種業態を問わず、居抜き、造作譲渡、M&Aなどのサポートを行なっています。

  • 秘密厳守
  • 訪問相談無料
  • 完全成果報酬
  • どんな業種でも対応

 

まずはお話聞かせてください。


フォームで相談

SNSでもご購読できます。

コメント