造作譲渡とは?

店舗の居抜き売却

当社は、店舗を居抜きで撤退する、あるいは、お店の造作を譲渡して閉店したい店主さんから依頼を受けて、完全成功報酬でそのサポートを行なっています。

さて、多くの場合、お店の賃貸借契約時に契約書にスケルトンに原状回復して貸主に明け渡すという内容の記載があるかと思います。

まじめな性格なのか、いまだにスケルトンへの原状回復を回避して退去できる場合があるう事をご存じない方がまだまだ多くいらっしゃいます。

まず、「造作」とはスケルトンに原状回復をする際に撤去するもの全てを指しています。

店主さんが施した内装や、テーブル、イス、トイレ、什器などを指し、店舗外で言えば看板やダクトなどが挙げられます。

これらの造作を次のテナントさんに売却(譲渡)することを「造作譲渡」と言います。

契約書にはスケルトンで返す(明け渡す)とあるわけですが、貸主の承諾をいただく事でこれらの造作を売却(譲渡)して退去する事ができます。

貸主の承諾が大前提となります。

貸主との交渉や造作譲渡先(後継テナント)の探索、造作譲渡契約、造作譲渡代金の受け払い、造作の引き渡し立会いを成約ベース(完全成功報酬)で承っています。

お問合せはコチラ

詳細はコチラ

まずは無料相談

当社は業種業態を問わず、居抜き、造作譲渡、M&Aなどのサポートを行なっています。

  • 秘密厳守
  • 訪問相談無料
  • 完全成果報酬
  • どんな業種でも対応

 

まずはお話聞かせてください。


フォームで相談

SNSでもご購読できます。