サロンをM&Aで売却するのとM&Aの手数料の関係

当社は、店舗を居抜きで撤退する、あるいは、お店の造作を譲渡して閉店したい店主さんから依頼を受けて、完全成功報酬でそのサポートを行なっています。

当社は業種業態を問わず、居抜き、造作譲渡、M&Aのサポートを行なっています。

M&A案件でよくサロン居抜きの売却を拝見する機会があります。詳しく見てみると譲渡売却希望額が150万円とあります。

500万円でも800万円でもいいですが、、

さて、売り手(売却側)と買い手(買収側)の手数料を見てみましょう。

M&A会社の手数料体系はほぼ横並びです。

譲渡額の○%という具合。

譲渡額1000万円以下では一律150万円。

それでは、クイズです。

第1問:
上記150万円のサロンの売り手(売却側)の手取りはいくらか?

第2問:
上記150万円のサロンの買い手(買収側)の買収にかかる費用はいくらか?

 

答えはあえて書きませんが、、

依頼をする方もする方ですが、依頼を受ける方もどうなのかなと思う。

そもそも実際にこのサロンを買う人がいるのだろうか?

この依頼をM&Aで受けて買う人がいなかったら、依頼を受けたM&A会社はなんと言うのだろうか?

M&A会社はもっと簡易な売却方法があるのは知っているはずだがおそらく勧めはしないのだろう?

株式譲渡で売却する必要が本当にあるのだろうか?

少しでもお金を残して残ったお金で会社をたたむという選択肢は無いのだろうか?

まとめ

どうにかして会社を売却したい(会社の精算はしたくない)場合はしょうがないですが、、、

サロン居抜きの売却には造作譲渡という非常に簡易な方法があります。

会社や事業の売却は伴なわないが、店舗内外の造作をある金額で売却するというものです。

その場合の手数料は売却額に関わらず、譲渡額の10~20%程度です。

上記の譲渡売却額150万円の場合、20%とすると手数料が30万円になります。

150万円-30万円=120万円

売り手(売却側)の手取りは120万円になります。

その後、店舗を解約して、保証金も売り手(売却側)の手元に残るというわけです。

もちろん、M&Aで売却すべき場合もありますので、この限りではありませんが、まず、知らない=損することは無しにしましょう。

この事はM&A会社もよく知っていると思いますが、依頼者に勧めることはしないのでしょう。

その分仕事がなくなるのだから、、、

という事でいかがでしょうか?

 

 

まずは無料相談

当社は業種業態を問わず、居抜き、造作譲渡、M&Aなどのサポートを行なっています。

  • 秘密厳守
  • 訪問相談無料
  • 完全成果報酬
  • どんな業種でも対応

 

まずはお話聞かせてください。


フォームで相談

SNSでもご購読できます。