M&Aとは

飲食店サロン中小企業店舗のM&A

M&Aとは、企業あるいは事業、店舗の合併・買収のことを言います。

企業全体の合併・買収・売却だけでなく、事業譲渡、店舗譲渡や資本提携なども含めた広い意味での企業提携のことを総称しています。
M&Aの手法には、株式譲渡、事業譲渡、新株発行、株式交換、株式移転、合併、会社分割など様々な手法があります。

中小・零細企業でもM&Aが盛んです。

M&Aというとこれまでは、大企業がおこなうもので自分の小さな会社は縁がないものというイメージがありましたが、昨今の後継者不在などに悩む中小企業や店舗においても事業承継の手段としてM&Aが活用されています。

あなたもM&Aによって、創業者利益を得て、ハッピーなリタイアを実現していただくことは可能なのです。

また、買収を希望するのは企業に限らず、個人の独立の一つの選択肢になってまいりました。
それは、ゼロから事業を作って育てていくよりも、会社あるいは事業を丸ごと買う(=時間を買う)ことがリスクを低減できる可能性があり、経営戦略、成長戦略の手段としてM&Aが活用されています。