居抜

居抜・造作譲渡契約における注意点

居抜き売却造作譲渡の注意点

居抜や造作譲渡契約書を作成、契約する場合は、互いに祖語がないように譲渡対象、対象外のリストを基にしっかりと買主(新テナント)売主(前テナント)に説明を行い、契約を行ないます。

また、当然、大家様(貸主)にも配慮した契約でないといけません。

続きを読む

居抜・造作譲渡、M&Aのご相談、ご依頼の際の必要書類

居抜きや造作譲渡、M&Aの相談や依頼の際に必要な書類は下記となります。

  • 賃貸借契約書や重要事項契約書            →賃貸条件や契約内容(特に解約予告、退去時の原状回復や保証金償却など)の確認をします。
  • 図面(入居時の募集図面または内装図面)                 →募集時に必要(ない場合もあります。その場合は作るか、貸主から入手)
  • 什器リスト(無くても可)

続きを読む