居抜き売却造作譲渡の注意点

居抜や造作譲渡契約書を作成、契約する場合は、互いに祖語がないように譲渡対象、対象外のリストを基にしっかりと買主(新テナント)売主(前テナント)に説明を行い、契約を行ないます。

また、当然、大家様(貸主)にも配慮した契約でないといけません。

続きを読む